有機JASマークがないと有機野菜ではないの?

いいえ、本来は、そんなことはありません。
農薬や化学肥料に頼らず、自然の土、水、太陽・生物などの恵みを生かして、栽培される野菜は、すべて有機野菜です。

しかし、野菜を売る時に、「これは有機野菜です!」と表記するには、国(農林水産省)の法律である有機JAS法をクリアしていなければなりません。

有機JAS法では、有機野菜を下記のように定めています。

化学農薬、化学肥料および化学土壌改良材を使用しないで栽培された農産物、および必要最小限の使用が認められる化学資材を使用する栽培により生産された農産物で、化学資材の使用を中止してから3年以上を経過し、堆肥等による土づくりを行なったほ場で収穫されたもの。

この有機JASの認定をもらうには、
農林水産大臣に登録された登録認定機関により、書類審査と実地検査の両方を実施し、前述の条件を満たしていること、生産管理や生産管理記録の作成が適切に行うことができることを確認することにより行われます。認定後も有機JAS規格に基づいた生産を行っていることを確認するため、最低1年に1回、認定農家等の調査を行うこととなっています。

残念ながら、小さな農家さんでは、この認定を受けるコストが高いため認可を受けておらず、有機栽培をしているのに、有機野菜として販売できない事情があるようです。

つまり、有機JASマークがある野菜は全て有機野菜なので安心があるのは確かですが、マークのない野菜でも有機栽培や無農薬栽培で育てたれた野菜もあるということです。

本当は、野菜を買う時に、農家の人に有機栽培をしているかどうか聞くことが出来れば一番良いのですが、スーパーで野菜を買うのに、そんな訳にはいきません。

その点、専門家が選定して仕入れた有機野菜ならば、安心して食べられるでしょう。有機野菜専門のお店や、有機野菜の定期宅配サービスなどで購入する方法です。

有機野菜は美味しいの?

我が家では「らでぃっしゅぼーや」を使っていますが、スーパーの野菜よりもやっぱり美味しいです!
値段は少し割高ですが、そのぶん栄養豊富な野菜ですから、安くて低栄養の野菜を食べるよりも、お得だと思います。
失敗しないために、資料請求でもらえる野菜を試して、サービス案内BOOKで内容を確認しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です